子犬を迎え入れたときのドッグフードの調整

ドッグトリマー。北関東でトリマーになって約3年。ペットホテル兼トリミングサロンで勤務をしています。ワンちゃんの肌にあったシャンプーの提案や、かわいらしいカットの研究をしています。

子犬を迎えてしばらくは、ブリーダーが与えていたフードと同じものを、回数も分量も変えずに与えると良いでしょう。ただし、ペットフードは非常に多様で、「このフードは健康に良くない!」と思えるものもたくさんあります。そういったときは、ご希望のフード(プレミアムフード、オーガニックフードなど)を徐々に混ぜながら慣れさせていきましょう。

フードを替えると、便が緩くなったかな?と思うケースもあるかもしれませんが、徐々に良くなっていくでしょう。(むしろビートパルプが含まれているフードなどですと過剰に便が固く小さくなることがあります)
フードの切り替えは、2週間ほどかけて行いましょう。今まで使っていたフードの割合を徐々に少なくして、最後にはゼロにします。

18608763_xxl

生後2~5か月までは、食事の回数を一日三回に分けてください。消化器官が未発達なため、量を少なめにして回数を多くするのです。

その後は、成長に応じて徐々に量を増やしていきます。入歯から永久歯に生え変わるのは生後5~6か月頃ですので、この時期を目安にして、食事の回数を一日二回にします。

人気記事ランキング