成犬用フードに切り替える時期は?

ペット栄養管理士。 子供の頃から犬と一緒の生活。 犬には、ただ長生きするだけでなく”健康に天寿を全うして欲しい”との思いから、犬の食事の勉強を始めました。今では趣味の一つに。 良質な食事と同時に、運動も健康に大きく関わる事を実感してます。 飼育経験・犬の栄養学・運動に関する記事を書いていきたいと思います。

子犬が順調に成長してくると、悩むのがフードの切り替え。

フードの袋には10ヶ月からって書いてあるから成犬用フードに切り替えなきゃいけない?
去勢・避妊したから去勢避妊用フードにしなきゃいけない?

いえいえ、そんな事はありません。
袋に書いてあるのはあくまでも目安ですし、不妊手術をしても通常のフードで全く問題なく過ごす子もいます。

子犬時代は、一生を過ごすための体を作る大事な時期です。
栄養が不足すれば骨や内臓に問題を抱えて暮らす事になりかねません。

では、どのようにして切り替え時期を決めるのが良いか。

9989758_l-500x375

成犬用フードに切り替える時期

とても簡単!成長がとまった時です。
月に一度、体高・体長を測ってみましょう。
1歳前後の小型犬の場合、一ヶ月経っても伸びがなければ成犬用に切り替えても良い時期です。

ただ、早い子だと生後半年で体高・体長の伸びがとまりますが、内臓はまだまだ成長中の場合もあります。
見た目の成長がとまっても内臓の成長は続いてると考え、最低でも生後10ヶ月位まではパピー用フードを与えるのが理想です。

大型犬の場合、早くて1歳半。ゆっくり成長する子なら2歳すぎまでパピー用フードでも良いです。

仔犬だけど去勢・避妊をしたから専用フード?

結論から言うと、必要ありません。
去勢・避妊用と謳ってはいますが、脂肪を減らして繊維を増やしただけ。中身はダイエットフードと同じなんですね。
パピー期に与えれば、必要な栄養素を摂取できない恐れもあります。
人間も、ダイエット食だけだと体調を崩す事があります。

最近は、肥満犬が多い事・犬の健康への意識が高まり、パピー期からダイエットさせる方もいます。
そう指導する獣医もいるようです。
ですが、大事な体作りにダイエットをしたら・・・?
人間でも、成長期のダイエットは良くないと言われていますよね。

5654461_l-500x346

小型犬なら生後半年位まではポチャポチャしていてちょうど良いです。
脂肪は筋肉の材料になるので、効率良く筋肉をつける事が出来ます。
生後半年過ぎ位から運動量を増やし、ワンちゃんにあった運動量を確保してあげれば肥満に悩む事もありません。

切り替える際は、今までのフードを一割減らして新しいフードを1割混ぜます。
様子を見ながら新しいフードの割合を増やします。
1週間~1ヶ月かけてのんびり切り替えてあげれば、犬のお腹を驚かす事もありません。

人気記事ランキング