意外に身近?絶対避けたい”高ミネラル商品”

ペット栄養管理士。 子供の頃から犬と一緒の生活。 犬には、ただ長生きするだけでなく”健康に天寿を全うして欲しい”との思いから、犬の食事の勉強を始めました。今では趣味の一つに。 良質な食事と同時に、運動も健康に大きく関わる事を実感してます。 飼育経験・犬の栄養学・運動に関する記事を書いていきたいと思います。

最近増えてきた犬猫用高ミネラル商品。
ご存知の方も多いと思いますが、ミネラルの過剰摂取は尿路結石の原因になります。

「そんな商品見た事無い!」と思った方もいるかもしれませんが・・・オヤツやフード・歯石予防商品など沢山あり、ホームセンターやスーパーでも画期的な商品のように陳列されていたりします。

糞尿臭・体臭が減る!

一番目にするのがこの商品です。
発売当初は犬猫用オヤツだけだったのですが、現在はドッグフードも発売されています。
私が住んでいる所では、どこのスーパーでも売っています。

この商品、元々は下水処理の臭い消しに使われていました。
家畜にも使えるのではないかと家畜用飼料に混ぜて与えてみたところ、家畜の臭いが減ったとの事でペットにも使われるようになったようです。

主成分は鉄分。
説明を見ると「ミネラルが補給出来る上に、糞尿臭が減る」などと書かれています。

犬猫に鉄分の補給はいりません。
完全肉食の猫・肉食寄りの犬が鉄分不足になるとしたら、鉄分を補う事よりも鉄分不足になるような病気の治療をしなければいけません。

糞尿は臭いがして当たり前です。
臭いには個体差もありますし、健康かどうかの判断にも役立ちます。
室内トイレだと臭いが気になったりしますが、不自然に臭いを消せば健康被害が出て当然ですね。

歯石除去・シャンプー・涙焼け等、何にでも使える!

これで歯磨きすれば歯石が取れるようですが、使用方法を見てビックリ!
歯磨きの仕上げに飲ませろ と・・・。

高ミネラルなので、歯石や汚れと結合・吸着する力は強いと思うのですが・・・飲ませるのはよくありません。

 

26401135_l

 

これらの商品を扱うサイトを見ると「余分なミネラルは尿として排出されるので安心!」などと言う謳い文句を目にします。
安心どころか、尿として排出される時こそ危険なのに真逆の事を謳っているんですね。

他にも、デトックス効果・尿路結石・腎臓疾患に良いなどと謳っているサイトもあります。
病気を悪化させる可能性が高いのに・・・。

犬猫の尿路疾患はとても多く、一生療法食で過ごすよう指示される事もあります。
尿路疾患用の療法食は塩分が多く添加されています。
高齢になって心臓や腎臓(どちらも塩分を控えなければいけません)が弱ってきてどっちの療法食にすれば良いか悩む飼い主も少なくありません。

知らず知らずのうちに愛犬を苦しめてしまう可能性もある高ミネラル商品。
絶対に与えないようにしましょう。

人気記事ランキング