ペットの新しい個体管理システム!? |鼻紋認証の導入は進むのか?

ミニチュアダックス2頭とセキセイインコ1羽のパパさんです。自由奔放な彼らに翻弄されつつも、日々大切なことを教えてもらっています。

犯罪捜査だけでなく、日常の様々なシーンで活用されている「指紋認証」。ご存知のように人の指紋は個人によって異なるため、そこに着目して開発された指紋認証システムは我々の生活にすっかり定着したものとなりました。
ところで、犬や猫などにも人間の「指紋」と同じように個体によって異なる「紋」があることをご存知でしょうか?それが「鼻紋」と呼ばれるものなのです。

個体識別に役立つ「鼻紋」

愛犬家や愛猫家の方は、自分のペットの鼻をじっくりと見たことはあるでしょうか? 特に多頭飼いをしていればよく分かりますが、個体によって鼻の紋様が違うことに気付くはずです。それが、その犬や猫にしかない「鼻紋」なのです。

鼻紋は人間の指紋と同様に個体ごとの識別を可能にしてくれるもの。そのため、鼻紋をIDと同じように個体管理に活用することもできるのです。実際に、犬や猫のように鼻紋を持っている牛は、個体管理や血統管理のために鼻紋認証が行われてもいますし、アメリカではすでに愛犬の鼻紋を認識する装置の開発も為されているのだとか。さらに鼻紋で登録することを認めているケンネルクラブも存在します。

inu2

世界にたった一つしかない鼻紋――。鼻紋を使った「世界にたった一つの愛犬(猫)ペンダント」なるものも商品化されていますから、興味のある方は是非!

無用な殺処分を減らすために・・・

ペット先進国であるドイツやイギリスなどと違い殺処分が当たり前になっているこの日本で、保護された犬や猫の返還率を高めるためには何よりも個体識別管理の重要性が不可欠です。個体識別といえば、例えばマイクロチップも有効ですが義務化されているわけでもない上に、厚生労働省でもマイクロチップの義務化には消極的です。

では、鼻紋認証はどうかというと、これもまた厚生労働省では消極的なのです……。

要は、マイクロチップにしても鼻紋認証にしても、保護した犬や猫に読み取り機などの装置を近付けなければならないから――というのが理由のようです。
そして厚生労働省がこだわる個体管理方法は、あくまでも「鑑札」なのです。理由は「マイクロチップや鼻紋とは違って目視で判断できるから。」なのだそうです。「鑑札」というのは人間で言えば戸籍のような役割を果たすもので、自治体へ届け出ればもらうことができますよね。日本で唯一義務化されているのがこの「鑑札」なのです。首からぶらさげるペンダントのようなものです。
これまではデザイン性などが不評だったのですが、最近では自治体ごとにデザインすることができるようにもなり、ペットショップなどではオシャレな鑑札ホルダーも販売されています。

個体管理は飼い主の義務

マイクロチップや鼻紋認証を義務化するにしても、それを読み取る装置の導入や法律の改正などで手間も余計な税金も投入しなければならない――。しかし、国主導でなく民間主導であったとしても日本で本格的に鼻紋認証が導入され始めたら、愛犬や愛猫のために利用を検討してみるのもいいかもしれませんし、近い将来には鼻紋認証も当たり前になるかもしれませんね。

ただし、鼻紋認証の導入が一般化されるのを待つというのは賢い選択ではありません。本サイトの「“迷子札”つけていますか?」の記事でも触れられているように、万が一のことを考えれば、鑑札やマイクロチップなど、“今できること”を最優先に考えることも飼い主の努めなのです。

鼻紋認証は、あくまでも将来的な選択肢――ということになりますが、それでも愛犬(猫)のためにできることのひとつとして、意識しておきたいシステムです。

人気記事ランキング