正しく知ろう!猫エイズとのつきあい方~いちオーナーの視点から~

都内某大学院を出たのち、ライター兼猫(茶トラ♂)の奴隷として働くことに。小学生時代は生き物係、中学以降は生物部と動物全般が好き。動物とのよりよい共生について、思いを馳せる毎日です。記事は猫多めです。

なんにも予定のない休日。猫とのんびり過ごすのが私の至福の時間です。一緒にごろごろしたり、遊んだり、やたら抱っこしてみたり。
そんなうちの猫は推定13歳の雄猫ですが、とっても元気。
でも実は保護当時からの持病を持っています。それは「猫エイズ」という病気。
「エイズ」という言葉の響きにびっくりしてしまう方が多いのはわかっています。実際、私自身も彼が猫エイズだと聞いて、動揺してしまいましたから。ですが、今は病気とも折り合いをつけて元気に暮らしています。
今回は猫と暮らす際にはぜひ知っておきたい猫エイズの話を、いち飼い主の視点からお伝えします。

【猫エイズとは】

猫エイズとは、正式名称を「猫後天性免疫不全症候群」という病気です。
すっごく簡単に言うと、免疫力が低下する病気です。人間のエイズ(HIV)に似てますが、猫に特有の病気なので、人や犬には感染しません。
猫エイズは出産や、喧嘩・交尾による体液や血液の交わりにより感染します。
ですが、猫エイズだからといって、すぐに死んでしまうわけではありません。猫エイズに罹った猫は「猫エイズキャリア」となり、体内にウィルスが潜伏している状態です。このウィルスが悪さをしだしたら、はじめて「猫エイズ発症」となります。
ですが、仮に猫エイズの症状が見られたとしても、適切に対症療法することにより、症状を抑えていくことが可能です。
それどころか、なんの症状もなく単にキャリアのままに生涯を終えることすらあります。

エイズ1

【まずは信頼できるかかりつけ医を持とう!――猫エイズの猫と暮らして】

少し長くなりますが、うちの猫の保護当時の病態から書かせていただきますね。
うちの猫は保護当時、ひどい貧血に加え、見てわかるほどの口の中の炎症がありました。見てわかるほどの、というのは、炎症がひどいとよだれも大量に出てしまうので、口の周り及びなめ取る手(前脚?)の甲の部分もどろどろになってしまうのです。そのような状態でしたから、猫を飼ったことのない素人の私は「この子はもうすぐ死んでしまうのではないか」という沈むような思いにとらわれてしまったのです。
ですが、当時診てくださっていた獣医さんが
「食欲もあるし、猫エイズが発症している状態だとは言えないと思う。貧血もおそらく内臓の機能不全ではなく、ろくな食べ物を長らくとっていなかったせい」
と言ったのです。
私は獣医さんの言葉にいくらか励まされはしたものの、そのまま素直に受け取ったわけではありませんでした。
彼が猫エイズであることは、明白な事実でしたからね。ペラペラのはずの検査結果の用紙が、私の心に重くのしかかるように感じたのです。
ですが、仮に彼が猫エイズを発症している(或いはこれから発症してしまう)としても、余生は雨風をしのげる家と暖かい寝床と、家族のいる場所で過ごしてほしいと考え、思い切って引き取ることにしたのです。
その後は猫の食べ物の猛勉強のはじまりです。
口内炎に効くというサプリメントや、貧血を回復させるためのフードを調べ、いろいろと試しました。
口内炎が悪化してしまうと、猫は痛みのあまり食べ物も水も受け付けなくなります。そして猫の口内炎を鎮める治療には、ステロイドが使われるのが一般的です。
ですが、私はステロイドの治療には抵抗がありました。批判をするのではありませんが、ステロイドは当初は効果覿面ですが、使っているうちに効果が薄れ、最終的には依存的になり、使えなくなるということを知っていたからです。もちろん使いようによっては有効な薬であることはわかっています。しかし、効果が薄れてくることを考えると、完治しないと言われている猫の口内炎に常用するのは躊躇われました。ステロイドの薬は、いよいよ食べられなくなったときの最終手段としてとっておきたいと考えたのです。
そこで近所の動物病院をいくつか訪れ、治療方針を伺って、我が家の猫にぴったりの治療計画だと感じたところに決めました。

1、診断の上、ステロイドではないしょうえんざいを出してくれる
2、病院や先生の雰囲気が柔らかい

という二点が決め手でした。
1は言わずもがなですが、2についても重要です。猫エイズの発症には、ストレスが大きく関係していると言われています。なるべくストレスを減らすためには、穏やかな雰囲気の動物病

院であることを重視しなければならないと考えたのです。
結果として、この判断は大正解でした!
しょうえんざいとうちの猫との相性もよかったようで、なんとか口内炎の痛みをコントロールできています。
現在に至るまで、その動物病院の先生にはかなりお世話になっており、いい関係が築けていると思います。T先生、いつも本当にありがとうございます。

エイズ3

さらにやっておきたいのは、定期的な血液検査です。
猫エイズは免疫力が低くなる病気ですので、血液検査の結果はとても重要です。
ただし、血液検査で血を抜かれること自体が猫のストレスになるということも考えられますので、検査の感覚は猫によって調整するのがいいでしょうね。
「血液検査で何も問題がない」というのは、飼い主である私たち自身への安心感にもつながります。この安心感ってなかなかバカにできなくて、「できるだけのことはしてあげられているんだ」という肯定的な気持ちへ導いてくれるものなんです。猫は飼い主のストレスにも敏感ですから、私たちがリラックスできるという意味でも「動物病院で異常がないか定期的に確認する」というのはとても大切なことなんです。

【猫をよく見て、快適な環境を提供し愛情をかける】

うちの猫の場合、どうやら甘えん坊で注目されたい性格のようで、自分じゃない誰か「もちろん人間のことですよ」が主役みたいに扱われていると、にゃあにゃあ大騒ぎします。
うちの猫と近しい性格ならば、猫の多頭飼いはおすすめしません。他の猫が可愛がられているのを見て、ストレスに感じてしまうかもしれないからです。
逆に、仲のいい猫がすでにいるとか、猫だけの社会が好きという子なら多頭飼いのほうがいいのでしょう。このあたりは、その猫の性格を見抜く必要があると思いますので、日頃から猫をよく観察しておきましょうね(って、猫好きのみなさんにはこんなアドバイスは不要だったかも?)。
とにかく猫に愛情を注いであげてください。「愛情」って、お金をかけることだけを言うのではないと思います。
食事のお皿を丁寧に洗ってあげるとか、トイレをいつもなるべくきれいにしてあげるとか、遊びにちょっと長く付き合ってあげるとか、そういうことで示せるもの。いつもの普通の暮らしを、私たちにできる範囲で、快適に過ごせるように工夫してあげましょう。

エイズ4

【猫エイズの猫を飼っているという事実を受け入れたら、それにとらわれすぎずないように自分を大切にする】

最後に重要なのは、私たち自身の心持ちについて。それは「無理をしない」ということ。
猫エイズになってしまったのは猫の責任ではありません。いくら賢いとはいえ、猫は自分の病気について詳しいことはわかりません。まだまったく症状がないかもしれないし、体調がなんだか思わしくなくて困っているのかもしれません。そして、猫はあなたを恨んではいません。
猫エイズキャリアの猫を保護した、或いは飼い猫が猫エイズになってしまったというのなら、そのこと自体を悔やむのはやめて、もう前を見ましょう。あなたが思い悩みすぎて倒れてしまっては、それこそあなたの飼い猫が困るのです(「ご飯くれにゃー。遊んでにゃー」)。
あなたはその猫の飼い主ではありますが、息抜きや発想の転換も必要です。今まで書いてきた内容と矛盾するように聞こえるかもしれませんが、あまり飼い猫が猫エイズだという事実にとらわれすぎるのはやめましょう。どんな生き物だって病気になる可能性はあり、たまたま飼い猫が猫エイズだっただけだと考えればいいのです。
しかも、猫エイズのキャリアなら、発症しないで猫生を終えることも全く珍しくありません。
あなたはどんと構えて、今はできることだけをして、ひたすらに猫かわいがりしてあげればいいのです(ただし、外へ出すことはオススメしません。あなたの猫ちゃんが今度は別の猫に猫エイズのウィルスを移してしまうかもしれません)。
そして、あなたの趣味や生きがいを大切にすることも、くれぐれも忘れないで下さい。あなたは猫の飼い主ではありますが、誰かの家族であったり、恋人であったり、友人であったりもするはずなのですから。

エイズ2

【最後に】

いかがでしたか。
私は猫エイズという病気について、専門家でもないので詳しくは語ることはできません。でも、猫エイズの猫と暮らす楽しさが、普通の猫と暮らす楽しさと全く同じ(或いはそれ以上?)であることは伝えることができます。
もしも猫エイズの病気自体について詳しくお知りになりたい場合は、石田卓夫さんの著書『猫のエイズ――FIV感染をめぐって――』(集英社新書)がオススメです。
猫エイズキャリアだって、元気に生きている猫はたくさんいます。うちの猫だって……あ、こら! そこは爪とぎしちゃだめだってば!

人気記事ランキング