止められニャイ!猫の狩猟本能の話

都内某大学院を出たのち、ライター兼猫(茶トラ♂)の奴隷として働くことに。小学生時代は生き物係、中学以降は生物部と動物全般が好き。動物とのよりよい共生について、思いを馳せる毎日です。記事は猫多めです。

可愛い愛猫に振り回されっぱなしの筆者です。
特に夜中の「遊べ!」というお誘い(命令?)にはなかなかあらがうことができませんね。
猫との遊びとなると、猫じゃらしに代表されるおもちゃで遊んであげるのが一般的だと思います。
猫の遊びは、彼らの中にある「狩猟本能」を満たしてくれるものなのです。
今回は猫の狩猟本能についてお話しましょう。

【猫の遊びとは狩猟本能である】

猫釣り針

 

 

昔々、猫がまだ人間とともに暮らしてはいなかった頃、猫は自力で獲物をゲットしていました。
人間社会は残飯の多い場所ですから、そこに群がるネズミなどを求めて猫たちが住み着いていったのは実に自然な流れです。
その魔性の可愛さで人を虜にし(!?)飼われるようになった猫たちは、食料の心配もなくなりました。
そして現在においては、猫を外に出さない「完全室内飼い」の飼育法がむしろ多数派となり、猫が自分で獲物を狩る機会は激減してしまいました。
しかし、猫の本能自体は廃れずに、今も彼らの猫に残り続け、それが室内飼いの猫たちの「遊んでくれ!」という思いに姿を変えている、というわけです。

【空腹じゃなくても猫はハンティングしたい?】

子猫

 

 

実は、猫の空腹と、猫の狩猟本能は同じなようでいて違う欲求となっています。
この理由はやはり、猫たちが自力で空腹を満たす必要性がなくなったから。
猫は自分が殺すものを必ずしも全て食料とみなしているわけではなくて、次回のハンティングのためのトレーニングおもちゃと思っています。だから、すぐに殺したりはせず、じわりじわりと、人間から見ると「なんて残酷な……」と思ってしまうような殺し方をすることがあります。しかしこれはトレーニングのため、ひいては本能に基づくものであって、猫たちに悪意はありません(そもそも悪意のある猫っているのかな?)。
或いは、以下のようなことも言えるかもしれません。
現在でペットショップ売られている猫たちの中には、幼いうちから母親から離されてしまう猫が多くいます。通常であれば、母猫は幼い我が子にハンティングの仕方をレクチャーするのですが、それが終わらないまま(もしくは始まってもいないまま)、ペットショップで売られ、人の手に渡ってしまう。すると、その猫はハンティングの仕方がわかっていませんから、単に本能に従って「とどめを刺す」ことがわからず、結果として残酷な殺し方をしてしまうのかもしれません。

【狩猟本能は止められニャイ!】

狩猟本能1
猫の狩猟本能を満たしてあげるのも、オーナーである私たちの勤めです。というのも、猫の狩猟本能はそのままずばり「本能」であって、私たち人間で言うのであれば、睡眠や空腹などと並ぶものだから。
「もうお腹空くのはやめてね」
と言うのも同じことなんですね。毎日遊んであげなかったからと言ってすぐに死んでしまうというわけでもありませんが、本能をおさえつけることによって、猫たちのストレスになることは確かでしょう。
室内飼いの猫たちは刺激が少ない毎日を送っていますから、遊び方やおもちゃ自体にもバリエーションをつけてあげることが重要です。

【「ねこ・へこ・とこ」ってなに?】

へび
ところで「ねこ・とこ・へこ」という言葉、お聞きになったことはありませんか。これは
ネズミを捕りたがる猫・・・ねこ
ヘビを捕りたがる猫・・・へこ
鳥を捕りたがる猫・・・とこ
という区分けから生まれた言葉なのです。
猫によって狩猟本能が刺激される生き物が違うというのが面白いですね。一説によると生まれた月の違いに関係があるのでは、という風にも言われています。
ちなみにうちの愛猫は典型的な「へこ」。だから紐状のものにはかなり反応します。
あなたのおうちの猫ちゃんはどれでしょうか? この三つのうちのどれに該当するかわかると、おもちゃ選びも楽になりますよ。

【個人的なおすすめのおもちゃ】

ねこじゃらし

 

ここからは筆者の独断と偏見に基づく、おすすめの猫おもちゃ&猫のおもちゃとして使えるグッズをご紹介します。猫は高価なものでも必ずしも気に入るとは限らないのが難しいところ。だからまずはお値段の手頃なものからトライするのがおすすめです。

●ねこじゃらし産業の「ねこじゃらし」
・・・猫じゃらしはいろいろ試してみましたが、ここの物が一番おすすめです! 猫の食いつきがいい上に、丈夫なので長く使えます。二本入っているのも嬉しいところ。

●スパンコールリボン
・・・手芸店や100円ショップで売っているスパンコールリボンです。きらきらのスパンコールが振り回すたびにきらめき、興味がそそられる様子。

●ピンポン玉
・・・こちらもスポーツショップや100円ショップで手に入ります。投げつけてあげると、まるでサッカーのように遊びます。

【最後に】

猫の狩猟本能を満たすのも大事なオーナーの仕事です。
「なぜ夜中に急に運動会がはじまるんだ?」
と思ったら、もっと早い時間に遊びに誘うなどして、運動会の中止を狙いましょう。
まぁ、大抵は「中止」ではなく「延期」になってしまうのですけどね……。

人気記事ランキング