馬の国から4〜SELECT SALE 2014〜

獣医師。酪農学園大学獣医学部卒業後、神戸の動物病院で4年ほど勤務し、命の重みを毎日痛感。結婚後移住した北海道の町には小動物の病院がひとつも無いという、このご時世大変びっくりな展開を経験する。現在新種の生物(息子)と格闘しながら、将来臨床への復帰を目指して再勉強中です。地域の子供達と動物の健全で安全な触れ合いの時間を作ることが、学生の頃からの密かな目標。・・ただの動物好きなので、いろいろな動物に関することを幅広く書いていきたいと思います。

(このヒト、なんでこんな記事書いているの、と思われた方は、 馬の国から1〜序説〜 をお読みください、そして温かい目で見守ってください。)

7月14・15日に、競馬業界で数ある競走馬のセリの中でも最も盛り上がる【セレクトセール】が、北海道のノーザンホースパークで行われました。

このセリ、馬主や競走馬の関係者が日本全国・・に留まらず世界中から集まってきます。

そういう訳ですので、今回はどさくさに紛れて会場の様子を見て参りました。

(※関係者以外入場できません)

image
高級車が展示されたり炭火焼きウインナーやソフトクリームなど色々提供されたり賑わいます。

ところで馬主とは一体どういった方々かご存知でしょうか。私は昔、玉の輿にのりたい女性が理想の結婚相手を馬主とするといった内容のドラマを視ていたことがあり、とりあえずそのような女性のターゲットになるくらいだから馬主ってお金持ちなのだろうな程度に思っていたのですが・・

中央競馬の個人馬主の場合、年間所得が2年連続で1700万円以上であり、かつ7500万円以上の資産を所有していることが条件。

ブルジョワな空気をまとう人々の中に紛れ込んで行くと歩く時に手と足が一緒に出てしまいそうになりますが、馬主に関してはまた別の機会に触れるとして、今回はセレクトセールについてお伝致します。

image

2日間に渡って行われたセレクトセール、1日目は1歳馬、2日目は当歳馬(0歳)のセリ。セレクトと言われるだけあって、皆が皆このセールに出られる訳では無く、選考を通ったサラブレッド中のサラブレッドが上場されてきます。

競走馬が競走馬となるには、牧場で生まれた子馬たちが訓練を受けて調教されて始めて文字通りスタート地点に立つ事ができます。まだ調教されていない当歳馬や1歳馬はピヨピヨの子馬(?)の状態で出てくる訳ですので、この段階で重要視されるところは血統や体格などです。

image
上場前にきれいにしてもらっている子馬。

プロフィールを見ても父親がディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、そしてまたディープインパクト、と私でも十分思い描ける大御所揃い。

なのでこのセレクトセールでは、(私は)普段あまり耳にすることの無い高値が飛び交いました。

1日目の最高値は2億6千万円。父ディープインパクト、母リッスン。カタールの王族(25歳)の代理人が落札。ちなみにこのカタールの王族さんのところは全部で9頭、8億7千万円のお買い上げ。
2日目の最高値は2億5千万円。父ディープインパクト、母アゼリ。落札者は有名な馬主さんで、建築解体工事会社の社長。

どちらもディープインパクトの仔。果たして未来の三冠馬となるのでしょうか。他、セール結果はこちら。http://www.jrha.or.jp/selectsale/2014_list1.html

image
カタールの王族がセリ落とした別の当歳馬。

これまた有名な馬主さんで当歳部門で計12頭(計6億4900万円)を落札した勝負服の色は緑色という健康食品販売会社の社長さんの落札後の感想は、

『すごい高い。もうお金ないです。etc.』

郷ひろみさんの歌のバックコーラス(億千万!億千万!)がずっと頭の中をリピートする安易な自分が恥ずかしくなると同時に、暮らしている次元が違いすぎて目がショボショボしてきますが、馬主の方々だって元を正せばただの馬好きに違いありません。でなければ、いい血統で素質はあっても勝つかどうか確約などない『すごい高い』馬をポンポン買えるでしょうか・・?

それでも生産者にとったら子馬がいくらで売れるかのセリは自分たちの生活がかかった大舞台。そこで『すごい高い』値で買い取ってもらえたら恩の字でしょう。(その『すごい高い』値で買い取ってもらえるディープインパクトクラスの種付け料がまた『けっこう高い』のですが。)

私のような(ミーハーな・・?)第三者から見たこのセレクトセールでも、この中から日本を明るく盛り上げてくれる競走馬が出てくるのかと思うと何だかとてもソワソワしてしまいます。

さらには命をやり取りしている訳ですので、この馬たちがどうか幸せな馬人生を送れますようにと願わずにはいられないのでした。

ちなみに過去の子馬たちのその後を見てみると、億単位で引き取られ活躍している馬もいれば数十万〜数百万で買い取られ活躍した馬(オグリキャップは250万ほど!)も・・。ただオグリキャップのような例は滅多に無く、ディープインパクトはセレクトセールで7000万円だったそうですが、相対的に高値で買い取られる馬が活躍しているようです。

image
ノーザンホースパークにいるディープインパクトのお母さん。息子がこんなに出世するとは。(と思っているかどうかは不明。)

馬の国から5〜札幌競馬場で予期せぬレース展開〜

人気記事ランキング