ペットにもアロマテラピー?まずは獣医さんと相談しましょ

子供の頃からずっと犬がいる環境で育ってきました。今は12才半の白いおばあちゃんトイプードルとの生活を楽しんでいます。長生きして欲しいと思っています。

この時期だけ、朝夕の愛犬とのお散歩中、どこからともなく漂ってくる素敵な香りがあるのです。雨上がりのちょっと湿度がある時とか、いい風が吹いてきた時にあの香りに包まれると、穏やかな気持ちになれるのです。ラベンダーが咲いているのですよ。

この香りは2年前、腸リンパ管拡張症で旅立ったトイプードルのお気に入りです。著者はアロマテラピー検定1級に合格しております。その勉強のため、家の中には何十種類ものアロマテラピー用の精油がありました。

その中で、1番使いやすくて気に入ったのがラベンダーの香りです。睡眠前にこの香りを嗅ぐと、とてもよく眠れるのです。ですから、いつも睡眠前には大好きなファーム富田さんのラベンダーの精油を1滴染み込ませたハンカチを枕元に置きました。

そして、この香りを愛犬もとても気に入っていました。いつも私のラベンダーの香りのついたハンカチに鼻を乗せて昼寝をしていました。他の香りはあまり好きじゃなかったようで、香りの元から遠ざかっていました。

で、ネットで検索をしたら、興味深い記事を見つけました。

この記事にこうあります。

For example, lavender oil has powerful effects on the brain and creates a calming sensation. Small amounts of lavender oil can be used when traveling to calm pets or make them feel sleepy.

”ラベンダーオイルは脳に強力に作用し、落ち着く感じをもたらします。少量のラベンダーオイルは旅行中など、ペットを落ち着かせ、眠たい感じにさせます。”ということです。なるほど、ですね。

ただし、この記事にも書いているのですが、まずペットのことは何でも獣医さんに相談しましょうこれは絶対に1番大切です。動物は私達人間と同じではありません。精油の中には肝臓や腎臓に悪影響を与えるものもあるそうです。猫ちゃんは特に注意が必要なようです。

獣医さんと相談しながら、そして自分も勉強しながら、アロマテラピーを取り入れてみるとよいでしょう。病気で苦しんでいるペットをラベンダーの香りなどで、少しでも楽にさせてあげられればいいのですけれどね。

【参考】

Pet Aromatherapy And Essential Oils: What You Need To Know

人気記事ランキング