【室内犬必見】ハウスのしつけに疑問が5つ

ぽちと(元Pety-ペティ)ブロガー。元動物看護師。関東の動物看護師専門学校を卒業後、東京都内の動物病院で3年半、動物看護師として勤務。現在はトリミングサロンの経営に携わりながらブロガーとして活躍中です!

人間と犬が一緒で暮らす上で、「ハウス」のしつけは必須です。例えばお留守番のとき。ハウスさせずに自由にしていると、電化製品のコードを噛み切って感電…なんていう事故もあるそうです。ここではハウスのしつけのときによくある質問にお答えします!

21581637_m

2頭一緒にハウスに入れても大丈夫?

仲良しなら特に問題ありません。ただし、1匹で入ることを嫌がるようなら要注意。ペットホテルや入院時など、どうしても1匹でハウスさせるケースがあるからです。

10134848_m-500x333

お仕置きとしてのハウスを使うのは?

できるだけやめましょう。

「お仕置き=嫌なこと」なのは犬も人間も同じです。お仕置きのためにハウスさせていると、ハウスを嫌いになってしまうかもしれません。「ここは安心できるお部屋じゃなくて、閉じ込められる嫌な場所なんだ」と思ってしまうのです。

何時間までハウスさせておいても平気?

寝るときを除いて、3~5時間を限度だと考えておきましょう。できれば2~3時間に1度はハウスから出してあげて、少し歩かせたり、排泄の時間を取ってあげたりするとよいでしょう。

子犬は排泄の間隔が短いので、少し短めの間隔で排泄をさせてあげてください。

成犬や老犬からでもハウスを覚えられる?

覚えられます。子犬に比べて時間がかかるケースもありますが、辛抱強く見守ってあげてください。しつけの際は、「信頼関係」が大切。なかなかハウスを覚えてくれない場合は、お座りや、おいで、待てなどを繰り返して、信頼関係と主従関係をしっかりと作ると良いかもしれません。

23734617_m-500x333

ハウスの適切な大きさは?

実はハウスは大きければいいというものではありません。ハウスの中で犬が立っていても頭が屋根に付かず、回転して方向転換できるくらいが適切だとされています。子犬の場合は体がこれから大きくなりますので、少し大きめのものを準備しておくと良いでしょう。

人気記事ランキング